情報起業家を応援する新世代情報統合紹介サイト、インフォスマイル
       
情報起業家を応援する新世代情報統合紹介サイト、インフォスマイル...
11月20日(火)
カテゴリ・ナビ
 <<前の商品   次の商品>> 
HOME(ダウンロード) > 3次元FX

ドル円と日経225の相関性を用いたFXトレード法
3次元FX

3次元FX

(assist01-D61745)
販売価格29,800円( 税込 )
カートに入れる

商品詳細

ドル円と日経225の相関性を用いたFXトレード法。

ファンドマネージャーが使っている、毎日使える3つの取引手法を公開!

「3次元FX」の特長を、1〜10までピックアップしました。

1)月に40%の利益が見込める

元本が大きくても小さくても40%を見込めます。
持田先生は、月の収益を1.5倍にしようと取り組み、
結果、40%の利益で収束することが多いです。

2)いつでもトレードできる

早朝でも、深夜でも、仕事前でも、仕事後でも、
好きな時間にトレードをすることができます。

3)毎日トレードできる

「相関性」を利用すれば相場の波は関係ありません。
ボラティリティが無くても構いません。
凪のような相場でも利益を残せます。

4)労力をとことん省ける

相場に向き合ってトレードする時間は、
考える時間も含めて1回あたり5分から30分くらいです。

5)短期決戦で勝負がつく

エントリー時点で、利益と損失を確定させるので、
注文したら、あとはパソコンを閉じてしまって問題ありません。

6)少額から開始することが可能

「3次元FX」は「5万円」から開始できます。

7)リスクが限定されている

リスクコントロールのルールが明快なので、
損失が膨らむ前に損切りをしていきます。

むしろ、損切りは積極的に行っていくと言った方が、
適切かも知れません。

8)知識ゼロの初心者が短期間でマスターできる

投資経験の無い、知識がまるっきりゼロの初心者であっても、
3ヶ月もあれば実践も含めてマスターすることができます。

勘のいい人であれば3日もあれば十分です。

9)10年、20年と使い続けることができる

「相関性」を利用した相場の本質を捉えた手法なので、
相場が存在する限り活用することができます。

したがって「手法が廃れる」という概念がありません。

10)お金儲けに徹する

テクニカル手法に詳しい人間になる必要も、
会社情報に詳しい人間になる必要もありません。

つまり、「マーケットの学者」になることなく、
お金稼ぎに貪欲にとことん注力すればいいという考え方です。


■アフィリエイター様向けご案内

3次元FXをひとことで申しますと、
「世にも奇妙な手法」
でございます。

「金融マーケット」における「お金の流れ」に注目した手法で、
「ドル円」と「日経先物」の値動きの【相関性】をベースとし、
「3つのアプローチ」で具体的にトレードをする手法です。

「ドル円」と「日経先物」の値動きの【相関性】と言っても、
難しい話ではなく、

「ドル円」が上がると「日経先物」も連動して上がる。
「ドル円」が下がると「日経先物」も連動して下がる。

「日経先物」が上がると「ドル円」も連動して上がる。
「日経先物」が下がると「ドル円」も連動して下がる。

このようなマーケットの習性を利用して、
例えば、先に「ドル円」が先行して「上がった」ら、
「日経先物」も付いて「上がって」くるだろうということを
考えながらトレードを行います。

この手法は、元野村證券の持田有紀子先生が、
2003年の米軍のイラク侵攻以来、一貫してトレードに活用し、
年ベースでの無敗を続け、大きく稼ぎ続けています。

持田有紀子先生の直近の個人のトレード成績は、
2014年12月〜2015年4月の「5ヶ月間」で、
「50万円」の元本に対して、
利益は「1,434,100円」となっており、
「287%」のパフォーマンスを上げてらっしゃいます。


以上のように、「3次元FX」は、
「ドル円」と「日経先物」の【相関性】を利用します。

したがいまして「3次元FX」をご利用になる層は、
・FX層
・個別株層
・日経225先物層
・その他の金融商品層
など、幅広い層にアプローチができると存じます。

また、仮に●●●●様が「FX」のアフィリエイター様であれば、
新たに「個別株」や「日経先物」の層へアプローチができますので、
新たな顧客開拓にもご利用いただける商品と存じます。



出品者 株式会社スリーディ
販売日 2015/05/27
 

3次元FX

(assist01-D61745)
販売価格29,800円( 税込 )
カートに入れる
   
 


ホーム
 | オンラインガイド | サポートセンター | 利用規約 | 個人情報保護方針 | 特定商取引に基づく表示 

Copyright ©2002-2016 INFOSMILE All rights reserved
 

QLOOKアクセス解析